コントラパレッド|パデルの打ち方

ショット

 

コントラパレッドは初めて見た時とても印象に残るショットです。

これができれば急にプレーにパデル感がでてきます。

 

早速どんなショットか簡単に図を見てみましょう。

 

 

 

 

 

テニスをやっている人からしたら考えられないショットですよね!笑

ボールを自陣のガラスに当てて相手コートへ返球するショットになります。

 

え?普通に打ち返せばいいんじゃないの?と思う方がほとんどかと思います。

私も初めて見た時はそう思いました。

 

しかしコントラパレッドでなければ返せないシチュエーションに出会うのがパデルなんです…

 

テニスで考えてみると…

前衛にでている時、上手にロブで頭を越されることがありますよね。

 

そのとき基本的にボールを追いかけて、ボールを追い越さなければ返球できません。

股抜きショットをイメージしていただくとわかりやすいと思いますが、ボールを追い越さなければ打てないショットですよね。

 

しかしコントラパレッドならどうでしょうか?

ボールを追い越さなくてもラケットがとどけば、自陣の壁に打って返球することができます。

 

これがコントラパレッドの利点です。

そしてパデルのラリーが長く面白くなるのに一躍かっています。

 

 

 

続いて失敗例です。

 

 

自陣のガラスではなくフェンス箇所に当たっています。

これで相手コートに返球しても判定はアウトです。

相手のポイントになるのでガラス面に打つように心がけましょう。

 

 

成功すれば見た目は派手でパデル感のでるコントラパレッドですが、次のように特徴があるので注意してください。

 

 

コントラパレッドの特徴

・自陣の壁に当てて返球するので球速が遅い

・自陣の壁に当てて返球するのでスピン量は落ちる

・ボールの起動は緩やかな山なり

※以上のことから必然的に相手のチャンスボールになりやすいです。

もちろんテクニック次第では相手のチャンスボールにはならない場合もありますが、多くはそうはなりません。

ですのでコントラパレッドを使う時は最終手段だと思って使うことをおすすめします。

 

コントラパレッドを打つ時の注意点

・なんども言いますが最終手段として使うくらいの気持ちで使いましょう。

・ある程度の力がなければボールは相手コートまでとどきません。ラケットを大きく振るのではなくスイングスピードを早くすることがポイントです。

 

怪我の危険!

・ボールを打つ壁の狙いどころは自分の頭上より上
➡︎注意しなければ壁に当たったボールが顔面に当たります。

・ラケットは斜めに振りぬく!やりがちなのは縦に振り抜くこと
➡︎縦に振り抜くとラケットが頭に当たってしまう危険があります。実際におでこを切った方います。
遊びで使わないように練習してから使用しましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました